失敗しない家づくり 住まい'S DEPO.からのご提案

長期優良住宅先導事業

環の家と「住まい’S DEPO.
ワンストップサービス」のビジネスモデルは
国土交通省平成21年度第1回長期優良
住宅先導事業に採択されています。

長期優良住宅先導事業

家は一生に一度の買い物?

リフォーム時に100万円の差が出ることも!?
「子どもが独立して部屋がいらなくなった」「趣味の部屋がほしい」など、家を建てた後もライススタイルは次々と変化し、それに合わせて家の間取りなどを変える必要も出てきます。こうしたリフォームの場合に重要となるのが建物の構造です。例えば壁を取り払って2室を1室にしたいと思っても、建物の構造によっては不可能だったり、多額の費用がかかってしまうことも。同じようなリフォームでも、構造によって100万円程度までの差が出てしまうこともあります。リフォームのことまで最初に考えて家を建てることはとても重要なのです。

最もユーズフルなのは、かつての日本住宅
子どもの頃の「おばあちゃんの家」に記憶はありますか? 昔の日本の住宅は「田の字」に部屋が分かれた間取りが主流でした。中枠の「十」の部分にはふすまと障子を使い、自在にスペースを変えて日常生活から冠婚葬祭まで幅広く対応できるようにしたのです。そのため、嫁入り、子供の誕生などで家族数が変わっても住居に不自由することなく、3世代が同居することもできました。リフォームしやすい住宅の基本である「外枠はしっかり、中身はフレキシブル」は、昔の日本の暮らしにヒントがあるのです。

リフォームしやすい家なら売り買いもスムーズ!
日本では、「家は一生に一度の買い物」。しかし、アメリカでは、平均7回住宅を買い替えます。もし今の日本でそんなことをしたら、家を購入するお金だけで大変なことになってしまいます。でもどうしてアメリカ人はそれができるのでしょう? それは「あらゆる人に使いやすく、流通性・再販性が高い」住宅を購入し、丁寧に自分たちでメンテナンスしながら使い、合わなくなれば売って別の家に移り住む、というスタイルだからです。

車はしっかりメンテナンス。でも家は…?
「アメリカ人が家を手入れするのは、DIYが好きだから」、そんな印象があるかもしれませんが、実は、アメリカ人が行っているDIYは、家の価値を保つために必要な最低限のメンテナンスなのです。彼らが乗っている車も、日本人から見ると“ポンコツ”(!)かもしれませんが、最低限のメンテナンスがされているため機能は万全です。引き換え、日本人はどうでしょう? 車はちゃんと点検に出し、ワックスで磨き上げたりと手入れが行き届いているのに、家に対してはあまりにも無頓着なのでは?「家を手入れしながら大切に使う」ということを、日本人は、もっと意識していく必要があるでしょう。

建てるなら、いつまでも価値の残る家