News&Information 過去のNews&Informationをお届けします

長期優良住宅先導事業

環の家と「住まい’S DEPO.
ワンストップサービス」のビジネスモデルは
国土交通省平成21年度第1回長期優良
住宅先導事業に採択されています。

長期優良住宅先導事業

News&Information

プロ向け見学会開催 ヴィンテージハウスで 日本木材新聞6月1日掲載

 

 住まい'S DEPO.ねっと(岐阜市、小牧弘二社長)は5月20日、岐阜市内で屋上庭園のある「ヴィンテージハウス」のプロ向け見学会を開催した。同社は全国の会員工務店を対象に販売する長期優良住宅設計パッケージ「環の家」と、建築・住宅ローン・保証など住宅に関するサービスを一元化させたワンストップサービスの提供で、次世代型住宅の建築をサポートしている。

 ヴィンテージハウスは、環の家を基本とした設計で長期優良住宅資材を1棟分パッケージ化した住宅設計商品で100プランの間取りを用意。10年後半から発売を開始し、建築中の物件を合わせてこれまでに全国で8棟が建てられている。今回は屋上庭園のあるプランで、敷地面積36坪の住宅の見学会となった。

 同社は、大型連休前に、同ハウスのエンドユーザー向け見学会を実施し、3日間で63組280人が来場した。消費者からは購入の際の最低条件として長期優良住宅の安心性が支持されたほか、さらに屋上がつくことで開放感がある点など、少しでも大きな家が欲しいという意識の高さが確認された。

 なお5月28,29日には広島、岡山両県でも開催された。